次はどこを断捨離しようかなあ。やりがいですなあ。

部屋の鞄が綺麗になった!
隣席の部屋を借りたおかげで、私の攻撃になっていた鞄がぜんぶなくなった。
いらないものも出てきたから、クズとして捨てた。
あとは、わたくし個人のものを断捨離やるだけ。
終わった団体との取り引き書、提案書。受け取り。
額面の書類。うーん、書類人付き合いは難仇ですな。
でも私のスタイル、あの書類尖端でつかったのは、年金のダイヤリーと、賃貸の取り引き書だけなんだよね。
それだったら、その二つを残してぜんぶ捨ててもいいよね。
これから、いらないものだらけです。
プリンタのソフトだって、端末が壊れたら、新しいのになったら、ダウンロード望める。
でもいちおう、仕事関係の保証書やらは残しておこうか。
書類はトキメクもくそも乏しいよ。必要なものだ。
でも、あの尖端があけば、ぐっと寝る前に教科書が読めるのに。
もっと、お風呂で読める教科書が払えるのに。
それほど考えると、断捨離しなければ、新しい物が入ってこないっていう
断捨離の指令はただしいんだろうなあ。

正直邪魔だけど、処分することはできない長靴

靴箱の収納で厄介なのが長靴です。
場所とるんですよね〜。
家族分ないと、雪の日などに使えませんし。
長靴さえなければもっとたくさんの靴を収納できるのに、スペースがもったいないです。
シンプルライフとしては、本当は年に数回使うかどうかの長靴は手放したいところです。
しかし、いざというときやっぱり長靴がないと大変。
ホント、年に1回あるかないかの大雪のとき、長靴が大活躍するんですよ。
雪が積もったら学校も会社も休みになってくれれば、長靴なんかなくてもいいんですけどね。
皆さんのお宅は長靴の収納どうしていらっしゃるんだろう・・・と思い、雑誌やブログの収納術なんかを見てみるのですが、どのお宅も靴箱広いんです。
なんであんな広いお宅ばっかりなんでしょう。
昔ながらの狭い団地の靴収納も見せてほしいです。
多分ベランダの物置とかにしまってあるのでしょう。
うちはベランダは今のところ何も置かないようにしていますが、長靴を収納できるぐらいの物置かなにか買った方がいいかもしれません。