鉄やアルゴンなどの語源などに対して

語源などに関しまして授業しました。鉄(Fe)の語源は、力強いメタルに関してから垂らしられました。銅(Cu)の語源は、銅の布地キプロスから島から置きられました。ヘリウム(He)の語源は、ギリシア語のお日様から置きられました。アルゴン(Ar)の語源は、ギリシア語のなまけものから置きられました。次は、酸化についてだ。物が酸素といった組合せやる化学段取りを酸化といいます。散々放置された鉄剣は、鉄のスポットがさびてしまいました。代価、白金などは酸化されがたいそうです。ですから、外装小物に使われているのだそうです。エタノールやスチールウールの燃焼も銅やマグネシウムを加熱したときの起動も酸化だ。次は、さびるしくみについてです。鉄のうわべに水が付くという、鉄が水にとけこんでいきます。水にとけた鉄が酸化して酸化鉄として、沈殿決める。潤いが蒸発してさびた鉄だけが残ります。知らないことを授業できて良かったです。